FINAL FANTASY TACTICS A2 封穴のグリモア Special Contents
2007年11月28日(水)発売予定 FINAL FANTASY TACTICS A2 封穴のグリモア オリジナル・サウンドトラック
崎元 仁
Interview 作曲家 崎元仁
夏休みの子供。そのワクワクした気持ち
-- 『FFT-A2』サウンドの聴きどころは?
『FFT-A』って2作目を数えますけど、それぞれで話が異なります。1作目は発売日が冬で、ゲームの冒頭で出てくる町並みも雪景色でした。だから、クリスマスっぽく鈴の音色を使っていたりして。そういう意味ではしっとりした曲が多かったと思います。

本作は雰囲気がガラッと変わって夏休み!子供たちのウキウキした感じで始まるんですよね。2作品とも、基本のラインは変えないつもりでいたんですが、本作は音楽面でももっとわんぱくな雰囲気を出せたらいいなと思って作曲しましたね。僕としては、ゲームの登場人物と同じくらいの年齢の子供たちはもちろんのこと、今や大人になった人たちにも、このワクワク感を共感してほしかったんです。
もちろん僕自身ずいぶん大人になってしまいましたけど(笑) 。作り手として責任をもってどんな世代の人が遊んでも、懐かしい気分で楽しめるよう願いを込めています。
子供のころの思い出
-- 子供時代はどんな風に遊んでいましたか。
海も山も行きました。そして、とにかく1日が長かった。夕方になったのに、まだ夕方が続いてるという感覚もよく覚えています。両親が鹿児島出身なので、毎年鹿児島に帰って、虫採りもしました。生えてる木でも、ふつうに手が届くところに蝉がいっぱいいましたね……。
そういう記憶を思い起こしながら作曲しました。
シリーズ作品はプレッシャーを感じます
-- シリーズを手掛けての感想は?
僕はこれまで、どちらかというとシリアスな曲を求められることが多かったんです。そこに今回、『FFT-A2』で明るい曲が書ける! って事を聞いてすごく楽しくなって(笑)。これが1作目だったらそんなに気負いしてなかったと思うんですよ。でも、『FFT-A』の評判が良かっただけに、プレッシャーは感じてしまいましたね。
やっぱり「前のほうがよかった」って言われないようにしなきゃ、とね。
いちばん大事なキーワード
-- 制作サイドからはどんなオーダーが?
えーと、その……、「いつもの調子で」とか…(笑)
というのも、いっしょに仕事をするのは初めてじゃないですからね。すごくやりやすくて信頼のおける仲間達というか。ま、そうは言ってもやっぱり作曲するうえでヒントは欲しですからね。
いろいろとディスカッションはしましたよ。ほとんどが飲みの席でしたけど(笑)。
どのゲームのディレクターさんもそうなんですが、必ず最初にいちばん大事なキーワードをおっしゃるんです。そこからイメージを膨らませることからはじめていき、その後に、ほかのスタッフさんとも顔合わせをしていくなかで、イラストやプロットを読ませてもらい進めます。
今回のように、過去に関連した作品がある場合は、関連性などを聞いていくと、さらに強く深くイメージを固めていけるんです。
ゲームの中の音楽。僕自身はつねにそれを重要視しています
-- 『FFT-A』はゲームボーイアドバンス、『FFT-A2』はニンテンドーDSで発売されますが、制作面での違いはありましたか。
『FFT-A』のときにはマニュピレート(作曲後、実機で音を鳴らすために音色を組み直す作業)も僕がやっていたんですが、今回はうち(Basiscape)の金子君に専任してもらったので、すごく楽に作業できました。

ハードのスペックで言いますと、やはりDSのほうが明らかにメモリがあるんですが、じつは一部の方はご存知かと思いますが、ハードの制約の問題で、1曲の中で使える音色自体は減っているんです。
たとえば、オーケストラを構成するためのたくさんの楽器。これは、アドバンスのほうが多く使えていたんですね。でも、それにも増して音がキレイなのが魅力なんですよね。やっぱり、専任のマニピュレーターがいるのは作曲に専念できるのでいいです。ちなみに、『FFT-A』と『FFXII』の曲はうちのアレンジャーが担当してくれました。

そうそう、バトル曲は全曲ストリーミングなんですよ! ゲームの音楽は内蔵音とストリーミングという二つの音の出し方があるんですが、ストリーミングですと、CDにもより近い音質で収録する事が出来るんです。もちろんこれにはかなりの容量を音楽のために割いてもらう必要があります。DSでそれをやらせてもらえたのがすごくうれしかったです。
これは、ゲームとしても音楽を大事に考えてくれているということなんですね。僕自身はつねにそれを重要視しているんですけど、現実はなかなかメモリと処理の都合で難しくて。
だから、今回はバトル曲も良いですよ。自信をもってオススメします!
close