Prologue:序章

『月の帰還』
かつての戦いが終わりを告げ、月の民とともに去っていたもうひとつの月。 そして青き星は平穏を取り戻し、復興を遂げていた。だが新たなる異変が、この大地に迫りつつあった。蠢きだす魔物たち。静かに輝くクリスタル。 空には、もうひとつの月が浮かんでいた…。

見上げる空には月がふたつ

Page Top