作品紹介

王宮のトリニティ

イントロダクション

花と木々の国 ワーデルセラム王国。
その国で、悪事を働く貴族をターゲットに、義賊“狼の爪”として活躍していたルカとシルヴァン。とある日、王女から人々を守るため“宮廷捜査官”となり、悪徳貴族による不正の取り締まりを手伝って欲しいと頼まれ、契約を交わすことに。そして、元義賊×王女という異色の3人で、新たに活動をしてくことになり…。

義賊×王女のファンタジーラブコメディ!

著者:雨壱絵穹

立ち読みする

トピックス

キャラクター紹介

  • ルカ・ロビンソン

    ルカ・ロビンソン
    義賊「狼の爪」として活動していた少年。明るく飄々とした性格だが、人と一定の距離を保ち、決して本性を他人には見せようとしない。
  • シルヴァン・オウレット

    シルヴァン・オウレット
    義賊「狼の爪」の一人で、ルカの相棒。爽やかな容姿と紳士的な振る舞いで、女性に人気が高いが、本来の性格は腹黒で口も悪い。
  • ノエル・オンス・ワーデルセラム

    ノエル・オンス・ワーデルセラム
    王国の王女で心優しく天然な性格。見た目と裏腹に剣の腕は相当なもの。ルカとは幼少期に出逢っており、久しぶりの再会をはたす。
  • グレン・クロフォード

    グレン・クロフォード
    酒場のマスターであり、頼れる情報屋。気さくで、ルカたちにとって兄的存在。
  • アルバート・オンス・ワーデルセラム

    アルバート・オンス・ワーデルセラム
    王国の王子で、ノエルの兄。妹への執着度が高く、ルカたちを快く思っていない。