作品紹介

ニル・アドミラリの天秤

イントロダクション

ある事件の後“アウラ”と呼ばれる不思議な光が視えるようになった少女・ツグミ。
そのことがきっかけで「フクロウ」と呼ばれる国家組織に所属する隼人たちと出逢い……?
オトメイトの人気ゲーム本編を原作としたコミカライズがついに登場!
揺らぎうつろう愛と運命の物語、ここに開幕――。

原作:「ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚」 作画:優月祥

立ち読みする

トピックス

キャラクター紹介

  • 久世ツグミ

    久世ツグミ
    華族である久世家の長女。ヒタキの事件以降“アウラ”が視えるようになり、それがきっかけで、フクロウに仲間入りすることを決意。
  • 久世ヒタキ

    久世ヒタキ
    ツグミを慕う弟。ツグミと八代家の結婚に猛反発した直後、稀モノの影響により焼身自殺を図る。一命は取り留めたが、現在入院中。
  • 尾崎隼人

    尾崎隼人
    フクロウに所属する熱血漢。回りくどいことが苦手で、思ったことをすぐに口に出す。“アウラ”が視えるツグミをフクロウに勧誘する。
  • 鴻上滉

    鴻上滉
    無表情かつ、常に冷静なフクロウの一員。基本的に人とつるむことをしない性格。
  • 星川翡翠

    星川翡翠
    フクロウの一員。炎を操ることができる特殊な能力を持っている。
  • 汀紫鶴

    汀紫鶴
    諸事情でフクロウのアパートに住んでいる売れっ子作家。女好き。
  • 鵜飼昌吾

    鵜飼昌吾
    ???
  • 鷺澤累

    鷺澤累
    ???

Glossary 用語解説

稀モノ
作者の感情が宿った手書き和綴じ本のこと。
“アウラ”と呼ばれる光や炎を放つ。
フクロウ
特殊国家機関・帝国図書情報資産管理局の通称。
人に影響を及ぼす稀モノの捜索と回収をしている。