作品紹介
Introduction イントロダクション
吸血鬼はびこる白銀の世界。修道士見習いの少年キリーは、子供の頃からの憧れだった吸血鬼ハンター"クルースニク"に出逢う。
クルースニク・レオンに弟子入りしたキリーは、超個性的な仲間と共に銀の世界を歩き出すことに。
ギャグメーカー岩佐あきらこが放つ抱腹絶倒吸血鬼ファンタジーコメディー!
岩佐あきらこ


立ち読みする

Topics トピックス

Character キャラクター紹介
キリー(キリアン・ナルシェビッチ) キリー(キリアン・ナルシェビッチ)
14歳。元救世主教会の見習い修道士。世間知らずで天然な性格。クルースニクに憧れて、レオンに弟子入りして旅に出る。
レオン(レオンハルト・アンティオフ・カロル・フォン・セント=ジェルジ) レオン(レオンハルト・アンティオフ・カロル・フォン・セント=ジェルジ)
吸血鬼ハンター・クルースニク。普段は温厚で腰が異常に低いが、非常時には"アンティ"という凶暴な性格が現れる。
ミレナ(ミレナ・ワシレフスカヤ) ミレナ(ミレナ・ワシレフスカヤ)
正教騎士団所属のサビラーチ。任務によりレオンに同行している。根っからのヒゲ&オヤジ萌えの人でレオンを堪能中!?
ラス(ラースロー・ニコラエ・バルチェスク) ラス(ラースロー・ニコラエ・バルチェスク)
女性に手の早いヘタレな吟遊詩人。どう見ても行動が怪しい謎の人。キリー達一行に同行することが多い。
アレク(アレクセイ・ロマノフ・フォン・セント=ジェルジ) アレク(アレクセイ・ロマノフ・フォン・セント=ジェルジ)
体は小さいがレオンを凌ぐ凄腕クルースニク。レオンの身内らしいが、性格は尊大。大人びた冷静さもあわせ持つ。

Comics コミックス紹介
<

Gファンタジーコミックス 銀のクルースニク(1) Gファンタジーコミックス 銀のクルースニク(2) Gファンタジーコミックス 銀のクルースニク(3) Gファンタジーコミックス 銀のクルースニク(4) Gファンタジーコミックス 銀のクルースニク(5)
吸血鬼狩りに弟子入りした、見習い修道士キリーが歩む大いなる旅が始まる?
抱腹絶倒ヒゲ萌え超ハイテンション吸血鬼ギャグファンタジー開幕!!
咎人達は黒き神を称え、さらなる罪を重ねる。
スタイリッシュ吸血鬼コメディ第2巻!! 旅を続ける主人公キリーの前に現れる、清々しいまでに怪しげな敵達!! 彼らは闇の司祭チェルノボーグを奉る組織″第六天国の放った刺客だった!!
咎人達は黒き神を称え、さらなる罪を重ねる。
スタイリッシュ吸血鬼コメディ第3巻!! 運動会に闇鍋に虎の穴での猛特訓!? オイオイ、本業は!?  第六天国からの刺客がすぐそこまで迫ってくる衝撃の展開なのに!?
血の掟により引き裂かれた兄弟の絆は、その血をもって贖われた―――
自分の運命を未だ知らぬ少年キリ―は、師匠レオンの生まれ里に向かうことに。 同行する村長のアレクが、実はレオンと兄弟だったことに驚く一行だったが、村人たちのレオンに対する過去を知るうちに事態は意外な方向へと動きだし…。
悪しき企ての宿命を背負わされし少年・キリーの、“その日”が迫る―――。
自分の中の別人格・グリシアの声にうながされ、ついに“世界の死す所(イスア)”へとさまよい出たキリー。そこは太陽が輝く“外”の世界だった。そこで知らされた更なる事実がキリーを父親の元へと導くのだった…。

セブンアンドワイ

amazon.co.jp

楽天ブックス

セブンアンドワイ

amazon.co.jp

楽天ブックス

セブンアンドワイ

amazon.co.jp

楽天ブックス

セブンアンドワイ

amazon.co.jp

楽天ブックス

セブンアンドワイ

amazon.co.jp

楽天ブックス
こちらの商品はお近くの書店、または上記サイトでお買い求めいただけます。 こちらの商品はお近くの書店、または上記サイトでお買い求めいただけます。 こちらの商品はお近くの書店、または上記サイトでお買い求めいただけます。 こちらの商品はお近くの書店、または上記サイトでお買い求めいただけます。 こちらの商品はお近くの書店、または上記サイトでお買い求めいただけます。
Gファンタジーコミックス 銀のクルースニク(6)(完)
ついに招かれた魔神! 人が、世界が、全てが漆黒に飲まれてしまう――!! 成し遂げられてしまった悪の暴挙! 召喚された魔神に全てが飲まれてゆく中、闇に叫んだキリーの声は光明へ届くのか!? 壮大なるヴァンパイア・サーガ、ここに堂々完結!!        

セブンアンドワイ

amazon.co.jp

楽天ブックス
       
こちらの商品はお近くの書店、または上記サイトでお買い求めいただけます。        
©2009 Akirako Iwasa/SQUARE ENIX
ページトップへ